出版物

刊行物

日本語

研究所報

『研究所報』では、英語版の Bulletin と同様、研究所のメンバーの活動や研究業績について報告します。

東西宗教研究

『東西宗教研究』は、東西宗教交流学会 (Japan Society for Buddhist-Christian Studies) の学術大会記録を掲載する。

英語

Asian Ethnology

アジアの諸民族や諸文化の学術研究を目的とした査読付き学術誌。元来は中国で『民族学研究』として刊行されたもの。

Contemporary Religions in Japan

1960年から1970年まで刊行され、1974年に上記の Japanese Journal of Religious Studies へと発展解消した。

The Japan Christian Review

During its final seven years from 1992 to 1998, the Nanzan Institute collaborated in the publication of The Japan Christian Review.

書籍

叢書(日本語)

シンポジウム

シンポジウムは平均して2年に1度開催され、その成果は主要な出版社から(日本語で)出版される。

叢書(英語)

Collections in Other Languages

난잔종교문화연구소연구총서

この叢書シリーズは、南山宗教文化研究所が創立以来やって続けてきた「宗教間対話」の成果物を、韓国語に翻訳して紹介することを目的とする。

Frontiers of Japanese Philosophy

日本哲学に関する日本内外の研究者による論文を集成したもの。現在8巻が刊行されている。

Seton Studies in Korean Religions

韓国のセトン宗教対話研究センター(the Seton Interreligious Research Center)と共同で出版された。現在2巻が刊行されている。

その他の出版物

日本語や中国語学習から宗教や心理学に関する学術的研究にいたる翻訳。