カトリックと創価学会

信仰・制度・社会的実践

南山宗教文化研究所編

第三文明社、1996年.

1996年、名古屋の南山大学南山宗教文化研究所と東京の創価大学のキャンパスにある東洋哲学研究所の所員は、カトリックと創価学会で交わされた1年にわたる対話の帰結として、南山大学においてシンポジウムを開催した。本書はこのシンポジウムの記録である。

本書の核となっているのは、諸宗教対話の本質、宗教における社会的実践の役割、信仰と制度的構造の間の関係である。各発表に対して各セッションの代表者からレスポンスがなされ、さらに長時間の討論が行われた。本書にはこれらの記録の全体が収録されている。

…本書は、創価学会とカトリックの両者が相互理解を大いに深めた成果である。本書によって、両者についての一般の理解がさらに深まることを願うとともに、現代社会における宗教の存在意義、世界の諸課題への宗教の貢献の可能性について、多くの方々が再考察する一助になれば、望外の喜びである

中野 毅(創価大学教授)

送料込