宗教と社会問題の〈あいだ〉

カルト問題を考える

南山宗教文化研究所編

青弓社(東京)、2002年.

本書は、2002年3月11~13日の3日間、南山大学南山宗教文化研究所において「宗教と社会問題の〈あいだ〉」をテーマとして開催された第11回南山宗教文化研究所シンポジウムの成果を編集したものである。今回のシンポジウムでは、共通テーマである「社会問題としての宗教」を中心にして、宗教の専門家のみならず、多様な参加者がさまざまな観点から議論を行った。

  • R・キサラ「オリエンテーション」
  • 藤田庄市「カルトとマインド・アビューズ」
  • 山口 広「宗教と社会問題の〈あいだ〉」
  • 櫻井義秀「本における「カルト」問題の形態」
  • 中野 毅「なぜ「カルト」問題は発生したのか」
  • 弓山達也「現代宗教研究の明暗」
  • 芦田徹郎「体験的「オウム真理教現象」研究・再考」
小池 靖『宗教研究』

送料込