科学・こころ・宗教

P・L・スワンソン監修

南山宗教文化研究所(名古屋)、2007年.

本書は、2006年5月12~14日の3日間、南山宗教文化研究所で開催された第13回南山シンポジウム「科学・こころ・宗教―科学から見る『こころ』の意義」の記録である。「こころ(spirituality)」という新たな視点から、日本における「科学と宗教」の対話を促進することをめざした本シンポジウムでは、科学者と科学史家からの報告を中心に活発な議論が繰り広げられた。

内容の一部はダウンロードできます。

送料込