Information

Inter-Religio は東アジアにおける諸宗教の対話と研究の促進を目指すキリスト教団体のネットワークで、アジアの8ヵ国の 16 の研究所やセンターの代表者によって 1982 年設立されました。このネットワークは設立以来、諸宗教相互の 研究に関係のあるテーマで年に二回会議を開き、このネットワーク自体と 同じ Inter-Religio という誌名で知られる紀要を、やはり年に二回発行してきました。このネットワークの 事務局が南山宗教文化研究所 に置かれています。

なおこのネットワークは、創立時から今までに生じた諸々の変化を反映するよう1996年に改組されました。 より詳細な情報をお求めの方は、事務局まで直接 ご連絡下さい。

  1. Pattaya, Thailand , 2003

    Religion and Popular Culture in East Asia

    Papers in Inter-Religio 43

  2. 台北, 2001

    Narrating Religious Experience in East Asia

    Papers in Inter-Religio 39–40

  3. マニラ, 1999

    Religion and Nationalism

    Papers in Inter-Religio 36–37

  4. 京都, 1997

    Dialogue with New Religions

    Papers in Inter-Religio 31–32

  5. 香港, 1993

    Pathways to Faith: Models of Evangelization in an Interreligious World

    Papers in Inter-Religio 24–25

  6. ソール, 1990

    Liberative Elements in East Asian Religious Traditions

    Papers in Inter-Religio 17–18

  7. Sukabumi, Indonesia, 1987

    Asian Theology

    Report in Inter-Religio 12

  8. 名古屋, 1986

    Encounter with the Religious Situation in China Today

    Papers in Inter-Religio 9–11

  9. 香港, 1983

    Facing Religious Pluralism in Asia

    Papers in Inter-Religio 4-6

  10. タイタい(フィリ ピン)

    Inter-Religio を創立した会議

    Inter-Religio 1