ユングの宗教心理学

神の像をめぐって

J・W・ハイジック 纐纈康兵・渡邉 学訳

春秋社(東京)、 1985年、2200円.

英語版もあります。

1979年の出版当時多くの批評家からユング研究における画期的な業績という高い評価をもって迎えられた本書 『ユングの宗教心理学』(原題 “Imago Dei”)は、ユングがその初期から晩年の著書に至るまで神のイメージに ついて言わなければならなかったことに関する 包括的な説明を提示している。著者はユングの諸観念の発展の跡を苦心して辿り、ユングの思想は彼が フロイトと決別した後に初めて形作られたとする通説に挑戦している。著者はユングの諸観念が次第に発展 していったことを示し、ユングの方法論が独自の強みをもちながら、それ固有の諸矛盾を含んでいることを 論証すると共に、ユングの心理学的方法全体の解説をもまた提供している。

Imago Dei…is still the most comprehensive and intelligent study of the subject. Based on a familiarity with the entire range of the Jungian corpus, including unpublished lectures as well as the secondary literature, this book should be presupposed by any study that hopes to make an advance.

David R. Griffin

This remarkably clear, concise yet detailed study traces the development of Jung’s theory of the archetypal foundation of religious experience. . . . With acumen and laudable objectivity, [Dr. Heisig] analyzes Jung’s methodology—his philosophical assumptions, method of gathering data, theoretical explanations. . . . .This judicious study surpasses all previous ones; extremely valuable for specialists in the psychology and philosophy of religion.

Library Journal

Imago Dei . . . belongs in every library of Jungian thought and religious studies.

Choice

J・W・ハイジック: 南山宗教文化研究所 第一種研究所員、南山大学 教授