ティム・グラフ

南山宗教文化研究所編集員

南山大学人文学部助教

私はこれまで、東日本大震災の影響と仏教者の対応に注目し、東北地方における仏教の働きとその諸問題を明らかにした。2011年から2014年にかけて、フィールドワークを基に、現場から見た仏教者の活動に焦点を当て、被災地における日常生活の諸変遷を調査した。宮城・岩手・福島県内のボランティア僧侶の活動をはじめ、全国の仏教青年会の動員、被災した寺院とその檀家および地域社会との関係や、避難場所としての宗教施設の役割に着目し、宗教と公共性の問題を考察した。さらに、グローバリゼーションの枠組における現代日本社会の諸変遷を、人類学的な観点から考察してきた。具体的には、フィールドワークを通して「Zen 禅」の実践および表象に焦点を当て、戦後日本の独特な経済的・文化的なコンテクストにおいてその位置づけを描こうとしている。「Zen禅」や、それに連なる「meditation瞑想」などのあらゆる要素は、西洋社会において「日本文化」の最もポピュラーな表象のひとつであるが、そのようなイメージは実践の次元といかに関係しているのかを考えるべく、日本の各地で「Zen禅」を中心としてフィールド調査を行ってきた。
 今後は、3.11災害への対応から伺えるような、いわゆる民間信仰とスピリチュアル・ケアの役割を検討する予定をしている。1995年の阪神・淡路大震災への対応との比較も試みつつ、仏教者は「ケア」と称されうる諸行為を通して、どのような社会的役割を果たしているのか、そしてそのコンテクストなる社会的変遷についても示し、戦後日本社会における災害などの危機的状態への宗教者の態度を考察する予定がある。スピリチュアル・ケアに関しては、一方では超宗派・超宗教などの理念に伴う宗教の「psychologization心理化」や「clinicization臨床化」の傾向が目立つが、他方では、危機時における宗教への社会的期待という側面から問題をみると、「スピリチュアル・ケア」の語り方そのものがいわゆる「民間信仰」の諸要素を生かせる側面も有していることに着目する。すなわち私の研究において、「スピリチュアル・ケア」という一見、宗教色の薄いように考えられるようなものは、「祈祷」のような地域社会の宗教実践や、「民間信仰」というローカルなビリーフを正当化する上でいかに機能している。

学術業績


編集

  • 2015年    “Special Focus: Zen and Popular Culture.” [スペシャル・フォーカス―禅とポピュラーカルチャー]、Feature for the Journal of Global Buddhism, 第16巻1号 (共編 co-edited with Inken Prohl)

学術論文

  • 2016年    “Stabilizing the Rhythms of Life after the Tsunami: Kaneta Taiō.”[津波後の安定した生活を求めて―金田諦應]、In: Justin McDaniel, Mark Rowe and Jeffrey Samuels (eds.), Figures of Buddhist Modernity in Asia. [アジアにおける近現代の仏教者]Honolulu: University of Hawai’i Press, pp. 60-62. 全文英語・査読有.
  • 2016年    “Buddhist Responses to the 3.11 Disasters in Japan.”[3.11災害への仏教者の対応]、In: Mark Mullins and Nakano Kōichi (eds.), Disasters and Social Crisis in Contemporary Japan: Political, Religious, and Cultural Responses.[現代日本における災害および社会的危機―政治的・宗教的・文化的な対応]Basingstoke: Palgrave Macmillan, pp. 156-181. (26 p.)、全文英語・査読有.
  • 2015年    with Inken Prohl: “Introduction: Global Zen Buddhism – Looking at the Popular and Material Cultures of Zen.” [導入―グローバルな禅仏教―禅とそのポピュラーカルチャー・物質文化をめぐって]、Journal of Global Buddhism, 第16巻1号、pp. 33-36、全文英語・査読有.
  • 2015年    “Kontinuität im Wandel: Gräber als Orte buddhistischen Ahnengedenkens im gegenwärtigen Japan.” [現代日本における祖先崇拝の実践の場としての墓]、In: Urs Matthias Zachmann and Christian Uhl (eds.), Japan und das Problem der Moderne: Wolfgang Seifert zu Ehren.[日本と近代性の問題―ヴォルフガング・ザイフェルトに祝意を表して]München: Iudicium, pp. 394-415、全文ドイツ語・査読有.
  • 2013年    with Inken Prohl: “Ästhetik.”[美学]、In: Christiane Brosius, Axel Michaels, and Paula Schrode (eds.), Ritual und Ritualdynamik: Schlüsselbegriffe, Theorien, Diskussionen.[儀礼およびそのダイナミックス―キーワード、理論、議論]Stuttgart: Vandenhoeck & Ruprecht UTB, pp 32-38、全文ドイツ語・査読有.
  • 2012年    with Shimazono Susumu: “The Rise of the New Spirituality.” [新たなスピリチュアリティの成立]、共著、2012年 、In: John Nelson and Inken Prohl (eds.), Handbook of Religions in Contemporary Japan[現代日本宗教ハンドブック]Leiden: Brill, pp. 459-485、全文英語・査読有.
  • 2012年    with Isomae Jun’ichi: “The Concepts of Religion and Religious Studies in Transcultural Contexts, with a Focus on Japan.” [トランスカルチュラルなコンテキストにおける宗教(学)の概念―日本を中心として]、In: John Nelson and Inken Prohl (eds.), Handbook of Religions in Contemporary Japan. Leiden: Brill, 2012, pp. 59-72、全文英語・査読有.
  • 2011年    “Diesseits des Jenseits. Transformationen buddhistischer Bestattungs- und Trauerkultur im gegenwärtigen Japan.”[現代日本における仏葬、追悼文化、およびその変遷]、Transformierte Buddhismen, 第2巻1号, pp. 24-54、全文ドイツ語・査読有.
  • 2011年    “Zur Entwicklung der Kremation als Schnittstelle buddhistischer Transformationsprogramme in Japan.” [仏教変遷のインターフェイスとしての火葬―日本における火葬の過去と現在]、In: Gregor Ahn, Nadja Miczek and Katja Rakow (eds.), Diesseits, Jenseits und dazwischen? Die Transformation und Konstruktion von Sterben, Tod und Postmortalität. Bielefeld: Transcript Verlag, pp. 229-257、 全文ドイツ語・査読有.
  • 2011年    with Gregor Ahn, Sebastian Emling, et al.: “Diesseits, Jenseits und dazwischen? Die Transformation und Konstruktion von Sterben, Tod und Postmortalität.”[この世、あの世、そしてその間?―死に方・死ぬこと・死後観の変遷と形成]、In: Gregor Ahn, Nadja Miczek and Katja Rakow (eds.), Diesseits, Jenseits und dazwischen? Die Transformation und Konstruktion von Sterben, Tod und Postmortalität. Bielefeld: Transcript Verlag, pp. 11-41、全文ドイツ語・査読有.

研究ノート

  • 2016年    “Research Note: Documenting Religious Responses to 3.11 on Film.”[研究ノート―3.11の影響と宗教者の対応を撮影する]、Asian Ethnology, 第75巻1号、pp. 203-219、 全文英語・査読有.

映画制作

  • 2013年    “Buddhism after the Tsunami. The Souls of Zen 3/11 Japan Special (Classroom Edition).”[東日本大震災と仏教]、A documentary film by Tim Graf & Jakob Montrasio, 63 minutes (監督、編集者、プロデューサー、ビジュアル・エスノグラフィスト、ナレーター、脚本家.日本語と英語のバージョンあり.
  • 2012年    “Souls of Zen. Buddhism, Ancestors, and the 2011 Tsunami in Japan.” [ソールズ・オフ・ゼン。仏教、先祖と東日本大震災]、A documentary film by Tim Graf & Jakob Montrasio. m&r Kreativ, 89 minutes(監督、編集者、プロデューサー、ビジュアル・エスノグラフィスト、ナレーター、脚本家.ドイツ語と英語のバージョンあり.

ビジュアル・エスのグラフィー

  • 2016年    “The Jōnenji Cherry Blossom Festival.”[浄念寺の桜まつり]、Vignette for “Salvage and Salvation” (Special issue of Asian Ethnology, 第75巻1号)、(監督、編集、プロデューサー、脚本家).日本語・英語のバージョンあり、査読有.
  • 2016年    “Training ‘Clinical Religious Specialists’: The rinshō shūkyōshi Training Program.” [臨床宗教師の研修]、Vignette for “Salvage and Salvation” (Special issue of Asian Ethnology, 第75巻1号)、監督、編集、プロデューサー、脚本家).日本語・英語のバージョンあり、査読有.

書評

  • 2018年    Review Paola, Cavaliere (2015): Promising Practices. Women Volunteers in Contemporary Japanese Religious Civil Society. Leiden and Boston, Brill. H-Shukyo、全文英語.
  • 2008年    Review Bernstein, Andrew (2006): Modern Passings. Death Rites, Politics, and Social Change in Imperial Japan. Honolulu, University of Hawai’i Press. Transformierte Buddhismen, 第1巻1号, pp. 136-142、 全文ドイツ語.

映画評

  • 2016年    Review Kyoko Miyake (2016): Surviving the Tsunami – My Atomic Aunt. Asian Ethnology 75(2): 461-463、全文英語.

連絡

学歴・業績表(英文)