Reading Endō Shūsaku

遠藤周作(1923~1996)は、日本におけるキリスト教信仰の可能性を探った信仰者であり、日常の中で「母なるもの」のまなざしを見出そうとした小説家であります。
  遠藤周作の作品を通して、私たちの中に潜んでいる温かい人間性が見出されると同時に、現実の中で様々な困難に遭遇し途方に暮れている私たちが慰められ、また勇気づけられると思います。

 今年2016年は、遠藤周作没後20周年と『沈黙』発刊50周年の記念の年です。皆様を「遠藤周作を読む会」にお招きいたします。

時間:毎月第一土曜日、午後2時~4時(変更有)
  (初回:2016年10月1日)
場所:南山大学・南山宗教文化研究所

連絡先(申込先)

〒466-8673 
名古屋市昭和区山里町18 
南山大学 人文学部 
教授 金 承哲
電話:052-832-3111(内線3466)
FAX:052―833―6157
メール:sechkim[ATMARK]gmail.com