懇話会は日本および外国から研究者を招いて定期的に開かれる。研究者の小さなサークルによるこの打ち解けた雰囲気は、豊富なアイデアのための広場を提供し、研究所の進行中の研究活動の基礎を広げるのに、長年にわたって役立ってきた。

2015—

2010—2014

2005—2009

2000—2004

1995—1999

  • 1999年06月25日

    Robin Roth "Ecofeminism and Asian Conceptions of Nature"

  • 1998年12月11日

    Ruben Habito 「近代日本における日蓮像を超えて」

  • 1998年04月06日

    James Foard "Icon, Deity, and Body in Medieval Japan: The Tale of the Burned-Cheek Amida."

1990—1994

1985—1989

  • 1970年01月01日

    Ilse Nina Bulhof-Rutgers "Derrida and the Formless Self"

  • 1996年12月12日

    Klaus Peter Köpping "Salvation in the Playful Mode: Religious Legisimization through Linguistic Means in the Case of Mahikari's Founder."

  • 1996年11月07日

    堀尾 孟 「西谷啓治がキリスト教から何を期待した」

  • 1995年11月30日

    Victor H. Mair "Southeast Asian Bottle-Gourd Myths and their Assimilation into Chinese and Japanese Culture"

  • 1995年07月06日

    栗原淑江 「創価学会の女性運動」

  • 1995年06月29日

    Kim Yung-Han "Die Universal heilsgeschichtliche These der Rahnerschule vom reformierten Gesichtspunkt geleuchtet"

  • 1995年06月15日

    塩津徹 「創価学会の政治活動」

  • 1994年11月24日

    山本修一 「創価学会と環境問題」

  • 1994年10月13日

    小林正博 「日蓮正宗と創価学会」

  • 1994年07月20日

    Johan Verstraeten "Ethical Perspectives in Europe"

  • 1994年06月30日

    宮田幸一 「創価思想の源流――牧口常三郎の思想」

  • 1994年04月28日

    Jan Swyngedouw 「宗教の国際性」

  • 1992年12月03日

    Paul Mommaers "No-self in Christian Mysticism"

  • 1992年07月02日

    Jan Van Bragt 「諸宗教対話の諸問題」

  • 1992年05月28日

    上田閑照 「宗教と文化」

  • 1992年04月23日

    上田賢治 「諸宗教対話――反省と展望」

  • 1992年03月12日

    K. P. Jog "The Assimilation of Buddhism into Hinduism"

  • 1992年01月02日

    島薗 進 「現代宗教の社会的役割と対話」

  • 1991年12月17日

    山折哲雄 「女神論」

  • 1991年12月13日

    Juan Carlos Scannone "The Social Teaching of the Catholic Church: A Latin American Perspective"

  • 1991年11月15日

    岡野守也 「諸宗教の対話か融合か」

  • 1991年05月29日

    Karen Smyers "The Inari Fox and Shinto Deities"

  • 1991年01月16日

    Robert Duquenne "The Glorification of the Buddha: From Shakyamuni to Vairocana"

  • 1990年12月20日

    袴谷憲昭 「本覚思想批判の観点からみた本音と建前」

  • 1990年09月26日

    David J. Jeremy "Capitalism and Christianity"

  • 1990年06月22日

    宮家 準 「熊野別当系図の社会的分化」

  • 1990年05月15日

    秋月龍珉 「白隠禅における公案」

  • 1990年04月27日

    Anna Seidel "The World of the Dead and Religious Activities at Tateyama"

  • 1989年11月21日

    Wang Yao "Tibet's Cultural Heritage"

  • 1989年11月08日

    Raymundo Panikkar "Incarnation and Inculturation"

  • 1989年11月06日

    Thomas Luiz "The Role of Communicaton in Spreading Religoius Values"

  • 1989年10月18日

    Minor Rogers "Rennyo's Legacy"

  • 1989年09月08日

    Herman E. Schaalman "Basic Concerns of Contemporary Judaism"

  • 1989年06月26日

    Byron Earkart "Mount Fuji and Shugend・#148;

  • 1989年05月10日

    Eugeen Roosens "Ethnic Minorities in a Unifying Europe:The Cast of Immigrant Labor"

  • 1988年12月20日

    柳田聖山 「二人の放蕩息子」

  • 1988年12月09日

    Martin Colcutt "Kannon Cult and Meiji Restoration"

  • 1988年12月01日

    Royall Tyler "The Nonduality of wakiand shite in N・Drama"

  • 1988年10月26日

    Jean-Yves Calvez "Commitment to Justice and Faith in Education"

  • 1988年03月14日

    Thomas Luckmann "Religion and the Social Conditions of Modern Consciousness"

  • 1987年11月11日

    Ernesto Cardenal "The Nicaraguan Revolution and the Catholic Church"

  • 1987年11月26日

    Jon Sobrino "The Third World and Social Justice"

  • 1987年11月17日

    長尾雅人 「仏教における上昇と下降」

  • 1987年05月30日

    Sulak Sivaraksa "Buddhism and Development"

  • 1986年12月15日

    Frederick Streng "How to Approach the Study of Religion: The Cases of Mircea Eliade and Nishitani Keiji "

  • 1986年12月06日

    Ivan Illich and Barbara Duden "Developmental Labor and Human Independence"

  • 1986年12月05日

    Wilfred Cantwell Smith "Sacred Scriptures in Religion"

  • 1986年11月10日

    湯浅泰雄 「東洋の宗教と深層心理学」

  • 1986年06月06日

    Paul Knitter "Crossing the Rubicon in the Theology of Religions"

  • 1986年05月19日

    Dale S. Wright "Zen Buddhism in China"

  • 1986年04月10日

    Timothy L. Smith "The Evangelical Mosaic in Twentieth-Century America"

  • 1985年12月02日

    Gustavo Gutiérrez "Liberation Theology"

  • 1985年11月22日

    William LaFleur "The Thought of Watsuji Tetsurō"

  • 1985年10月08日

    Brian Wilson "New Religious Movements"

1980—1984

1975—1979

  • 1970年01月01日

    Philip Hefner "The Future of the Seminary"

  • 1982年01月13日

    Hans Küng "The Development of My Ideas on Other Religions"

  • 1982年12月07日

    John Dyjkstra Eusden "Jonathan Edwards and Zen Master Hakuin Ekaku"

  • 1982年11月06日

    佐木秋夫 「宗教と社会主義の問題」

  • 1981年11月04日

    Gerald and Patricia Mische "Human Dignity in an Era of International Interdependence"

  • 1981年09月21日

    Thomas M. Gannon "Religion and Publics: The Christian Right"

  • 1981年06月26日

    犬飼政一 「最近のカトリックの倫理神学の動向――自然法の克服の試み」

  • 1980年11月21日

    柳川啓一 「日本人の宗教」

  • 1980年10月30日

    Werner Dettloff "The Essence of Christianity"

  • 1980年10月06日

    Heinrich Rombach "Man: A Dialogue"

  • 1980年05月20日

    宮坂宥勝 「真言密教におけるマンダラの構造」

  • 1980年01月10日

    Alfred Bloom "Ethical Perspectives in Shinran"

  • 1979年11月06日

    R. Baine Harris "The Dialectic of PlotinusE"

  • 1979年11月27日

    Ansgar Paus "The Basis of Rudolf Otto's Philosophy of Religion"

  • 1979年11月24日

    Anna-Teresa Tymieniecka "The Philosophy of Cardinal Wojtila"

  • 1979年11月13日

    Thomas Berry. "Religious Research in a Global Community"

  • 1979年06月05日

    W. Theodore De Bary "The Rise of Neo-Confucian Orthodocy in Y・n China"

  • 1979年05月04日

    Henry van Straelen "Euthanasia"

  • 1979年02月07日

    Fritz Buri "Buddhism and Christianity"

  • 1978年06月19日

    五来 重 「修験道――山の宗教」

  • 1977年10月14日

    Etienne Lamotte "The Scriptural Sources of the Upadesa and their Respective Value"

  • 1977年06月03日

    西谷啓治 日本人の宗教性