今年の行事、2017年

1月6-17日
   Il-Seung Chung 대한민국, ‎Asia LIFE University (Korea) 准教授が研究のため来所。
1月27日
   第3回のNanzan Salon開催で栗田英彦(日本学術振興会)が「近代修養思想と政治運動」、宮坂清(名古屋学院大学)がインド、ラダックにおける仏教ナショナリズム」について発表があった。
2月~3月
   犬塚悠が客員研究員として滞在。
2月22日
   朴妍注が「中世天台の神仏習合と『渓嵐拾葉集』」について所内ゼミで発表した。
2月23日
   エルビン・ズートと鈴木淑子ご夫妻は博士論文関係の研究のため来所(3月末まで)。
4月1日~12日
   李 容周 Lee Yong-Joo (光州科学技術院教授))が2週間の滞在。
4月18日~5月16日
   Rebecca Maldonado(メキシコ国立自治大学教授)が田辺元の思想を研究するため2ヶ月滞在。
4月21日
   Jin Y. Park (American University) が “Women and Buddhist Philosophy: Engaging Zen Master Kim Iryop 金一葉”について発表し、懇話会を開催した。
6月17日
   南山宗教文化研究所研究員 2 名の研究についての発表会が開催された。横井桃子は “Measuring Japanese Religiosity”、栗田英彦は”The Birth of the Japanese New Religion Seichō no Ie and its Political Movement” についての発表やディカッションが行った。
6月20日
   盧永燦 (Ro Yong-Chan) が “Raimon Panikkar as Mystic: The Challenge to be Human” について懇話会が行った。
7月19日
   Or Porath (2017 Dissertation Fellow, The Robert H. N. Ho Family Foundation Program in Buddhist Studies, University of California-Santa Barbara) が「中世日本における仏教と児灌頂]ついて所内ゼミで発表した。


他 の 訪 問 者

2月22-24日    林子淳(Jason Lam), 道風山
4月6日    Lowell Sheppard, ホープ・インターナショナル開発機構
4月18日    Raji Steineck, チューリッヒ大学
6月26日    Gwyn McClelland, Monash 大学(オーストラリア)
6月26日    Gereon Kopf とTony Mutsune, Luther College(米国)
6月30日    Pablo Vidal-González, バレンシアカトリック大学(スペイン)
7月5日    余 慧珠、國立屏東大學(台湾)
7月10–12日    Clark Chilson, University of Pittsburg, 准教授
7月13–15日    Antonio Florentino Neto, Professor, UNICAMP, Campinas, Brazil
7月19–21日   斎藤多香子, Centre d’Études Japonaise, Institut National des Langues et Civilisations Orientales (Paris)


行事記録 1977~2016 年度