今年の行事、2018年

1月7~8日
   名古屋大学との共催で南山セミナーが開催され、6人の大学院生やポストクターが日本語で発表した。
1月10日
   ”A Comparative Study of Measuring Religiosity in Korea and Japan”をテーマで日韓セミナーが開催された。
1月28日
   Gereon Kopf教授はルター大学の学生を連れて研究所を訪問して、研究スタッフとの話し合いを行う。。
2月5~16
   犬塚 悠(東京大学博士課程)は研究のため来所する。
2月22-23日
   「日本の宗教・文化の翻訳――Japanese Philosophy: A Sourcebook の韓国語への翻訳を中心として」をテーマで国際セミナーが開催された。
2月26~3月7日
   村山由美(宗教情報センター、東京)は研究のため来所する。
2月26~4月9日
   Esther-Maria Guggenmos(Friedrich-Alexander-Universität Erlangen-Nürnberg)は研究のため来所する。
3月1日
   「宗教とジェンダー研究の最前線」をテーマで国際ワークショップが行われた。
5月22日
   梁恵媛が”Between Female Agency and Feminist Agency: Telling the Stories of Catholic Women Writers in Japan and South Korea”をテーマで所内ゼミが行われた。
6月5~8月15日
  大﨑晴美(McGill University)は研究のため来所する。
6月7月15日
  「懺悔道という哲学における責任の問い」のテーマで、John Maraldo (University of North Florida 名誉教授)との懇話会が開催された。


他 の 訪 問 者

3月2日    John LeBreglio, Editor, The Eastern Buddhist
4月21日    Myriam Constantino, Colegio de México
5月1日   Anthony Haynes, Clear Water Academy
5月19日   王 曄星、共同通信社
5月22~23日   Clark Chilson, University of Pittsburg
6月6日   Kin Cheung, Moravian College
5月11日   Aaron Proffitt, University at Albany, SUNY


行事記録 1977~2018 年度