James W. Heisig

南山宗教文化研究所 第一種研究所員

南山大学人文学部教授

ヨーロッパで学業を終えた(ケンブリッジ大学にてPh.Dを取得)後、アメリカ合衆国およびラテン・アメリカで宗教と哲学を5年間にわたって講じた。その後1978年から南山宗教文化研究所のスタッフに加わり、1991年から2001年に渡って研究所所長をつとめました。

著書や翻訳書、また編集に携わったものを合わせると、これまでに 78 冊の書物を 12 ヶ国語で出版しており、代表的な著書に, El cuento detrás del cuento, 『ユングの宗教心理学』Philosophers of NothingnessDialogues at One Inch above the Ground, 『日本哲学の国際性』, El gemelo de Jesús: Un alumbramiento al budismo 等。 最近は Nothingness and Desire: An East- West Philosophical Antiphony (2013年)、Jesus’ Twin: A Dialogue with the Gospel of Thomas (2015年)と Much Ado About Nothingness: Essays on Nishida and Tanabe (2015年)が出版された。

また彼は、全18巻の叢書である Nanzan Studies in Religion and CultureEssays in Japanese Philosophy の編集責任者とともに、, イタリア語の日本哲学叢書シリーズ Tetsugaku韓国宗教叢書の共編者、ならびにJapanese writing system および Chinese writing system についてそれぞれのリーズの著者でもある。

2015年に Tallinn University(エストニア)から名誉博士号を取得した。

出版物

連絡